カートに商品がありません。

現在の中身:0点

ABOUT

  • CONCEPT
  • HISTORY
  • WHAT'S IVY

CONCEPT

G.H.BASSは1876年にアメリカのメイン州ウィルトンで、ジョージ・ヘンリー・バスによって設立。それまで靴屋で働いていたジョージは、労働者が履く靴やアウトドアシューズの出来に疑問を持ち、自ら靴を作ることを決意したことが始まりだった。 そのミッションは「目的に合った最高の靴」をつくること。 G.H.BASSは耐久性の優れた革を使い、快適な靴やブーツをつくることに成功。アメリカの精神を具現化したG.H.BASSは、世代を超えてあらゆる人々に愛され、やがてアメリカの歴史のひとつになった。それは新たな領域にチャレンジすることに価し、新しいアメリカンの文化になることを示していた。

これは過ぎ去ったノスタルジーではない。これまでの歴史が積み重ねてきた信頼によって、これからもよりよいものづくりを行い、開発と革新を続けるという意志の表明でもある。
-いつの時代でも求められるのは真の本物-

Established in 1876 by George Henry Bass of Wilton, Maine,G.H. Bass & Co. began with a man on a simple mission
“to make the best possible shoe for the purpose for which it was intended.”
A hard-won reputation for quality, comfort and durability is exactly what has kept Bass in business for almost a century and a half. Personifying the American spirit, Bass shoes have been worn for generations, shaping them into an iconic symbol of discovery, perseverance and self-expression. Our customers are born from the backbone of American history. They represented our nation.
They explored territories unknown. They defined popular culture.
They saw the world from a new perspective.
And Bass was with them every step of the way, making it the classic choice for Adventurers and American Heroes alike.
This isn’t heritage for nostalgia’s sake.
There's a trusted and reliable way to craft “hard service” footwear.
G.H.Bass has perfected the technique through decades of development and innovation,adopted to meet modern challenges, and proved thatA True Original Is Always In Demand.

HISTORY

1876年

1876年3月9にGeorge H.Bassがメイン州ウィンストンでブランドを設立

On March 9th, George H. Bass begins in the shoe making business in Wilton, Maine.

1887年

メイン州のウィンストンからファーミントンに向上を移し、水力機械の導入により生産効率を上げた。

Bass moves his factory from Wilton, Maine, to Wilson Stream in Farmington, Maine, in order to utilize water-powered machinery for faster production time.

1910年

キャンプやアウトドアを楽しむ人のためにスタンダードモカシンの「Rangeley」を開発。

“Rangeley” style moccasin is created.This style becomes the standard moccasin for campers and outdoors-men.

1918年

航空モカシンスタイル773としてUSアーミーのオフィシャル航空ブーツを手がけた。
高地使用のためにデザインされ、極寒にも耐えられる仕様になっている。

Bass Aviation Moccasin Style 773 becomes the official aviation boot for the U.S. Army, designed for use in high altitude, wielding protection from the extreme cold.

1936年

この年にはじめての「Weejuns」が作られた。野原で使用されるノルウェーのスリッパータイプのもモカシンが名前の由来となっている。

The first Bass Weejuns are made, named after a slipper-type moccasin used for “loafing in the field.”

1940年

「Buc」というオリジナルスウェードスタイルはレース付きでWeejunsのアップデートバージョンとして作られました。

The original suede "Buc" style was created as an updated version of the Weejuns with laces.

第二次世界大戦中、USアーミーに防寒用ブーツを支給。

During WWII, Bass developed a cold-weather boot for the U.S. Army's 10th Mountain Division.

1962年

Weejunsはビジネスシューズとしても認められ急成長を果たす。
そしてカルチャーの一部としての立場も確立。

The Weejun craze sets in, resulting in enormous growth and business.
Weejuns are seen as mainstream and part of popular culture.

1984年

マイケル・ジャクソンが「スリラー」のミュージックビデオでWeejunsの黒を着用。
それを期にセカンドウェーブとして大ヒットをもたらした。

Michael Jackson wears black Weejuns in the opening of his Thriller music video.
This marked the second wave of the “Weejuns craze.”

WHAT'S IVY

01

アイビー・リーグとは

1954年にアメリカ東海岸の私立大学8校(ブラウン大学、コロンビア大学、コーネル大学、ダートマス大学、ハーバード大学、ペンシルベニア大学、プリンストン大学、イェール大学)によって結成されたフットボール連盟のこと。多くのエスタブリッシュメント層を輩出する名門校で構成されていることから、上流階級の象徴として使われることも多い。アイビーの名称の由来は諸説あるが、各校のレンガ造りの校舎に茂るアイビー(蔦)がシンボルになっていたからという説が有力。

02

アイビー・ルックとは

アイビー・リーグに所属する各校の学生たちが好んでいた服装を、1955年に国際衣服デザイナー協会(IACDE)がアイビー・ルックと命名したことから誕生した。アメリカン・トラディショナルのうちのひとつで、実際には洗練された着こなしから学生らしいバンカラ風に着崩した服装まで、スタイルの幅は広い。3つボタン段返りのブレザーやボタンダウンシャツ、細身のコットンパンツ、ローファーなどが象徴的なアイテムとして知られている。

03

日本でのアイビー・ルック

アイビー・ルックは、1950年代に雑誌などのメディアによって日本にも紹介。1960年代になると、銀座のみゆき通りに集まる若者たちがアイビー・ルックを着崩した服装を好み、「みゆき族」として社会現象となった。1965年、日本のアイビー・ルックブームの中心的な役割を果たしたヴァンヂャケットが、アイビー・リーグ6校で学生たちの着こなしを撮影。『TAKE IVY』と題した映画と写真集が完成し、このうち写真集は2010年に英語版がアメリカで出版され、今ではアメリカン・トラディショナルの歴史書として評価されている。

04

アイビー・ルックとG.H.BASS

1950年代、アイビー・リーグに所属する各校の学生たちのマストアイテムとなったのが、G.H.BASSのウィージャンズ。ローファーの元祖であり、当時の学生たちが1セント硬貨(ペニー)をアッパー(甲部分)のベルト飾りの穴に入れたことで、ペニーローファー(コインローファー)という名称が生まれたとされている。日本では1960年代にヴァンヂャケットが輸入販売したことで、爆発的な人気を獲得。“アイビー・ルックの靴=G.H.BASS”となった。

  1. What is the Ivy League?
    The Ivy League is an American football league, established in 1954 by eight private universities on the East Coast of the US (Brown University, Columbia University, Cornell University, Dartmouth College, Harvard University, the University of Pennsylvania, Princeton University, and Yale University). Because it consists of prestigious schools which turn out a great many of the establishment class, the league is often used as a symbol of the elite. Though there are various theories as to the origins of the Ivy name, the explanation that it came from the ivy growing thickly upon the brick buildings of each school, which had become a symbol, is prominent.
  2. What is the Ivy Look?
    In 1955, the International Association of Clothing Designers and Executives (IACDE) dubbed the clothing preferred by Ivy League students the “Ivy look”, and a style was born. It is one of the American Traditional looks, and actually features a wide range of styles, from sophisticated dress, to scruffy casual attire befitting a student. Three-roll-two blazers and button-down shirts, slim cotton pants, and loafers are some of the items seen as iconic.
  3. The Ivy Look in Japan
    The Ivy look was introduced to Japan via magazines and other media in the 1950s. In the 1960s, young people gathering in Ginza’s Miyuki Street came to prefer clothes that dressed down the Ivy look, becoming a social phenomenon known as the Miyuki-zoku, or Miyuki subculture. In 1965, VAN Jacket, a company which played a central role during Japan’s Ivy look boom, photographed students’ attire at six Ivy League schools. A film and photobook entitled TAKE IVY were completed, the latter of which was published in the US in English in 2010. It is now valued as a history book of the American Traditional style
  4. The Ivy Look & G.H. Bass
    G.H. Bass’s Weejuns became must-have items for Ivy League students in the 1950s. One of the original loafers, they are said to have gained the name “penny loafers” (or “coin loafers”) from students at the time placing pennies in the holes of the decorative belts on the uppers of their shoes. VAN Jacket imported and sold these in Japan in the 1960s, which gained them explosive popularity. G.H. Bass became the quintessential brand for Ivy look shoes.
SHARE